- Beyond the Motor Life 別館 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUDI S4チョイ乗りと雑感。

実家にAUDI S4が配備された。
ODYSSEY ABSOLUTEからの代替えで、仕事用車の触れ込みだが、それにしてはオーバースペックも甚だしい。そんな正論はさておき、僕は新車価格900万をタダで借りれるのだから御の字である。

実家からのチョイ乗り試乗恒例の、ご近所ワインディングで試してみる。
まずパワートレイン、V6 3.0L+スーパーチャージャーで330PSのユニットはさすがに圧巻で、強烈なトルクを活かしてグイグイ加速する。
ちょっとした直線であっさり100km/hを超えてしまった。クルマが安定しているので速度感は意外なほど無い。これは注意が必要である。

ブレーキは初期制動が強烈な仕立てで微妙な操作が難しい。
効きがリニアでは無いのは正直どうかと思う。
それと2ペダルなのだが、フットレストが妙に奥まった位置にあって左足を妙な位置に置かざるを得なくなる。フットレストを厚めに作れば済むのだから、そうして貰いたいと思った。

旋回中にスロットルを開けると明らかに前で引っ張って行く感触が得られる。FR乗りからするとこれが違和感。
しかし、そもそも旋回中にスロットルを開ける運転が出来ることが素晴らしいのかも知れない。FFだったら絶対にそんな運転はしないし。
アウディはこのD8系S4のクワトロシステムにおいて、前後のトルク配分を50:50から40:60に変更し、且つ後輪に電制LSDを仕込んでいる。
そこまでしたお陰で間違いなく速いのだが、後輪駆動乗りからするとあっけなくてつまらない印象を受ける。

なおタイヤは255幅のPIRELLI P-ZEROで、横グリップは非常に強烈。
上記の4WDの仕立ても相まって、只でさえ強烈なグリップをこれでもかと引き出して強引に曲げていく印象を受ける。
そう、強引。過給したエンジンやブレーキも全てが強引な印象で、このクルマは1.8tの車体を強引に引っ張って、止めて、そして曲げていく。
このクルマは強引で“おばかな”クルマなのだ──僕はそう理解した。
今度は高速込みの長距離試乗を行ってみたい。

ところで、最近改めて認識したのだが、「FF車にはFF車の運転メソッドがある」──当たり前の話だが。
FFはフロントで駆動して、曲げるのだが、縦グリップを活かしてアクセルを少し踏みながらステアを切りまして走ると速い。
これが、FRで運転を覚えた僕には馴染めない。
スキーや楽器での僕の経験から、やはり人間は「身体で覚える」ことで諸々の上達が計れるのだと思う。
FR車で覚えた僕の運転メソッドが、FFになると太刀打ちできないのだ。

だから、それは仕方ない事だと割り切る。
僕はあくまで後輪駆動を基軸に据える。そして、FFならFFの、4WDなら4WDの運転メソッドを、それはそれとして僕なりに理解する。僕にはそれしか出来ないし、それが最もクルマを楽しめる手法なのだと思う。
スポンサーサイト

負けず嫌い。

秋のツーリングで感じたあの印象。
悔しかった。ロードスターで勝とうなどとは思わないが、しかしブッ千切られてしまうのは悔しくてたまらなかった。

僕の中には間違いなく負けず嫌いな心があって、かと云ってそれを表に出すと余りに付き合い難いから色々と対処してきた。
だが、その「負けたくない」というマーキングそのものは変わらなかった。

大体クルマの運転で速いとか、そういうのはどうだって良いことだ。
そんな事理屈の上では重々承知である。だから、“速い”では無くせめて“上手い”事が実証できれば良いと考えていた。
(それは既に実証された)
しかし、実際にブッ千切られて、そんな理屈は吹っ飛んでしまった。

僕の中には間違いなく「負けたくない」というマーキングが渦巻いている。このマーキングに対処する事で、僕は次なる向こう側の境地へ飛翔出来る…この期待を、僕ははぐらかす事が出来ない。

Exige購入を迷っていると書いたがもはや迷う必要は無い。状況は変わるかも知れないが、今は真っ直ぐそちらに前進して行こうと思う。

転機。

クルマネタ。みんカラには書き辛い内容なのでこちらに書く。
最近、“ロードスターの次”を考え始めた。
今までは多分考えなかった。確か、緑がお釈迦になって買い換えたとき、ほぼ迷わずに今の小豆に決定した記憶がある。
つまり2年前は「何が何でもロードスター」だったのだ。

なぜこうも変わってしまったのか?
ロードスターは良いクルマだ。これは頑として主張できる。
安くて、気軽に買って乗れるし、それでいてかなりディープな世界まで突っ込んで行ける。実際、ロードスターのオーナーはライトな方からディープな方までのレンジがとても広い。

僕もロードスターで色々楽しんだ。おおよそ“クルマで遊ぶ”といったものの大抵の事はしたのでは無いかと思う。日々のアシから長距離旅行・キャンプ・車中泊・ジムカーナ等々…何気にサーキットが無いのだけれど。

だけどそんなロードスターに限界を感じている。
ロードスターに乗っていて一番嬉しい瞬間は、ロードスターを一番上手く操れた瞬間である。僕はロードスターを教材として腕を磨いてきた。
そして、その上達の壁が見えてきたように思えるのだ。

きっかけは今年のOCFC夏の走行会。
僕は非力なロードスターで、全車26台中3位のタイムを叩き出した。
僕より下には、R32 GT-RやRX-8と云った、間違いなくロードスターより格上であろう車種もいた。3位…この結果は僕の磨いてきたスキルの証明であり、僕はこの結果を誇りに思う。

この経験から、僕はそれなりにロードスターを乗りこなせている事を実感した。知らず知らずの内に僕は“クルマを操る技術”のレベルを上げていたのだ。

そんな想いの中で参加した秋のツーリングである。
2日目恒例の麦草峠越え、結果から言えば僕は、先頭集団について行く事が出来なかった。300PSなんなんとするクルマ達についていけないのは当然かも知れないが、僕は悔しかった。
友人の乗るS2000は僕に着いて来れなかった。僕の腕はそれなりのレベルに達している。であれば、後はクルマの問題である。
ここに来てロードスターの限界が顕在化したのだった。

ではどうすれば良いのか?
ロードスターより速いクルマは星の数ほどある。
だが、速いクルマに乗って速く走れるのは当然の事象であり、それは一瞬の愉びを僕に与えてくれるかも知れないが、それまでである。
やはり、引き続き僕がステップアップする事で、速さを引き出せるマシンでなくてはならない。

そこへ行くと、実はLotus Elise/Exigeは恰好の選択肢となってくる。
あれは極めれば速い事は先人によって実証されているし、それには高いスキルが要る。S2000などは中途半端に思えるくらい、それは魅力的な選択である。

仮にロードスターからEliseに乗り換えたらどうなるか?
まず間違いなく乗る頻度は減るだろう。Eliseは気楽に乗れるクルマでは無い。ロードスターより間違いなく走るステージを選ぶ羽目になり、場合によっては実用車を増車が必要かも知れない。
“オープンで気楽に旅する”楽しみ方が出来なくなるのだ。これは痛手だと思う。クルマとの付き合い方を根本的に変えなければいけない…と言うか、自然に変わってしまう。

あとは経済性。
Eliseのランニングコストは恐ろしいものでは無いだろうが、車両価格がネックになる。一歩踏み出すハードルが高すぎる。
一旦踏み出してしまえばめくるめく世界が待っているのは判っている。
だから迷う。

そうは言ってもまだロードスターのローンが残っているぐらいだし、まだ数年はロードスターに乗る。但し、それは永遠では無い事に気付けた。
これは寧ろ、喜ばしい事なのでは無いかと思う。

 | ホーム | 

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。