- Beyond the Motor Life 別館 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局、僕は。

色々考えてみたのだけれど、やっぱり僕はクルマの(特に、所謂スポーツカーの)価値を再発見し、残してゆきたいのだと思う。
バブル期=第二次スーパーカーブームの頃に生まれて、恰好良いクルマに憧れて育ち、中学~高校時代はGTromanの世界に憧れた。
その一方で、クルマはより安全になり、環境負荷は低減した…と同時に僕が好んだ「速くて恰好良いクルマ」はどんどん失われていった。

僕の中にはこの辺りの悔しさが通底している。
2002年の排ガス規制はショックだった。大好きだったスープラ・GT-R・RX-7がいずれも販売中止となってしまった。
僕はスポーツカーが失われる過程を見てきた。
現社会の趨勢を見る限り、この傾向は止まらないと思う。
社会はどんどん正しく縮こまって、僕の好きだったスポーツカー、そしてそれを取り巻く文化は失われてゆく。

それでも今、クルマはパーソナルな移動手段として極めて優秀だ。
自分の意志でどこまでも行ける。ここに愉びを感じるのは、人間が進化の過程で培ってきた「移動する・探索する」能力が活性化するからだと思う。
また、運転するという行為は人間の身体の拡張である。
僕はここに、クルマに限らず「人間と道具」の本質を見る。

いずれにせよ、僕は人間とクルマとの関係性に根拠を求める。
こうして根拠を残しておけば、クルマやスポーツカーという形態をとらずとも、僕の発見してきた価値が残されると信じるから。
僕の探求は終わらない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aninb8c.blog.fc2.com/tb.php/20-90f84751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。